シリーズの登場人物を演じた男優と女優の内、芸名の先頭が「は行」ではじまる俳優について。一言コメント。

仁義なき戦いビギナーズ

名前が「は行」ではじまる男優・女優

名前が「は行」ではじまる男優・女優

長谷川明男(はせがわあきお)

長谷川明男

20世紀に数多くの映画やテレビ番組に出演した俳優。
多くの準主役級の俳優同様に、若い頃は二枚目を、キャリアを積んで以降は悪役を演じた。

第四作頂上作戦でのヤッチンの最後は悲惨だったが、そもそもこいつ、チンピラの典型みたいな奴だった。

波多野博(はたのひろし)

1960年代から1970年代に時代劇を中心にテレビドラマや映画に出演した俳優。
年齢を重ねて太っちょになったが、若い頃はなかなかシャープ。

林彰太郎(はやししょうたろう)

林彰太郎

1960年代から東映で活躍する俳優。
東映作品の観客なら絶対に何度も目にしている名脇役で、サングラスのよく似合うダンディな悪役が多い。 中井貴一主演の激動の1750日にも出演。

疋田泰盛(ひきたやすもり)

1950年代から1980年代に多くの東映京都作品に数多く出演した俳優。

平沢彰(ひらさわあきら)

1960年代から1980年代に時代劇を中心にテレビドラマや映画に出演した俳優。
代表作はやっぱテレビの「燃えよ剣」。 覚悟を決めて栗塚旭(土方歳三役)と交える剣の闘いは、大人の世界の複雑さを感じたもの。

上田の左腕の後に、この人の右腕が若杉に斬り飛ばされた。

広瀬登美子(ひろせとみこ)

子役、娘役としていろんな映画に出演。

広瀬義宣(ひろせよしのぶ)

広瀬義宣

1960年代から1980年代に時代劇を中心に多くのテレビドラマや映画に出演。 2000年代もテレビドラマ時代劇に出演。

福本清三(ふくもとせいぞう)

福本清三

いつのまにか「5万回斬られた」として、超有名になった役者さん。
トム・クルーズや渡辺謙が出た「ラストサムライ」が有名か。

この仁義なきシリーズでは斬られたりはしてない。

藤沢徹夫(ふじさわてつお・藤沢徹衛)

1960年代から2010年代まで数多くの東映京都作品に出演。元、東映剣会の会員。

シリーズ内のどこに出ているかはなかなか探すことは困難です。

藤浩子(ふじひろこ・藤宏子)

福本清三

ポスト藤純子として東映にスカウトされた、元準ミス日本の女優。
第五作完結篇で市岡の情婦で料亭(?)の女将役を演じる。 大友に「酒はいつでも飲めるじゃないですか」と言う市岡のそばにいる姿は、まさに、ヤクザの情婦。いいオンナ。

管理人は北川景子や小沢真珠を初めて見た時に、「藤浩子に似てる」と思った。

藤本秀夫(ふじもとひでお)

1950年代から東映京都作品に多数出演した俳優。

北斗学(ほくとまなぶ)

1970年代にテレビドラマや映画に出演した俳優。鶴田浩二の(弟でなく)実子。

堀越光恵(ほりこしみつえ・堀越陽子)

堀越光恵

この人もポスト藤純子。1972年から横内正と結婚するまでの8年館、いくつかの映画に出演。多くのテレビドラマにも。

山守の横での色気ムンムンの若さ&岡島とのダンス、たまりませんでした。

堀正夫(ほりまさお)

1950年代中盤から1970年代まで、いくつかの映画に出演した俳優。時代劇と任侠映画が主。

本シリーズ内では何のセリフもないものの、古くから生き残る侠客の風格を漂わせている。

Google 広告