ある日、管理人である私は「仁義なき戦いに関するサイトを作ろう」と思い立った。そしていろいろと考えた。

仁義なき戦いビギナーズ

コラム:仁義なきサイトを作ろう

仁義なきサイトを作ろう

2012.07.15

ずっと前から、仁義なき戦いに関するホームページを作りたかった。
大好きなこの映画シリーズについていろんなサイトがあるのは知っていたけど、自分でも作りたかった。
仁義について、あんなことやこんなことをいっぱい書いて、ウェブにアップして、みんなに読んでもらって、みんなから呆れられたり、感心されたり、一緒に笑ったりしたかった。 でも一番は、やっぱ自分で、仁義のことを思い出しながら、なんか納得したかった。
そんなことを前世紀から考えていたけど、実際に作ることはなかった。 だって、大変そうだもの。
少なくともぼく自身が納得できるレベルのものは、ちっとやそっとの時間じゃできないって気がしていた。
これは、たぶん、間違ってない。 こうしてサイトを作り始めた今でも、この先も、いろいろと大変な思いをするだろうという確信はある。
でも作り始めた。
もう、引き返したくない。

趣味の個人ホームページは「雀のお宿」に次いで二つ目。
たぶん、その世界(とっても狭い世界)ではそれなりに知名度もあって、多くの見知らぬ人から感心されたり、感激されたり、中傷されたり、無視されたりしているぼくの麻雀專門サイトは、14年も前に起ち上げたもので、今も更新を続けているので、このサイトをメンテナンスし続けることは生きている限りやめないのだろうなぁと思う。
もちろん、仁義なきサイトをライフワークにするつもりはない。
つもりはないけど、とりあえずはちゃんと作りたい。
ちゃんと作らないと、更新するエネルギーが保たないんだ。 自分で閲覧したくないサイトを更新なんてできないのは当然の話。 だから、ちゃんとというワケ。
一応は二年後にはこのサイトを完成させたい、と考えている。 何をもって「完成」なのかは、今のぼくにはわからないけど。

最初は、仁義に関するありとあらゆることを網羅したサイトにしようと思った。
すぐに考えを改めた。 それって、無駄じゃん。
世の中には、既に、仁義なき戦いを主たるコンテンツとしたサイトがいっぱいあるし、その中にはカッコよくってためになるサイトや、大笑いさせてくれるサイトなんかがあって、今さらって感じ。
ぼくは明らかに後発なんだから、違う色、ださなきゃ、ね。
で、初心者向けのサイトにしようって思った。
あんまりないんだ、仁義なき戦いを観たことのない人向けのサイト。 まぁ、当たり前か。
今ある素敵な関連サイトのほとんどは、仁義なき戦いファンのためのもの。 この映画を何度も観て、この映画が大好きで、ここ一番のセリフがそらで言えるくらいコアな人向けのサイトだった。
ぼく自身もそうしたサイトで楽しい時間を送らせてもらってきたけど、これから作るのは、そうじゃなくていいや。

サイト名「仁義なき戦いビギナーズ」は、トップページのロゴを作る時に決めたもの。
最初に「仁義なき戦いコンプリート」で作り始めて、途中で初心者向けに方針変更した際に、ロゴを修正するのがラクなので、こうした。アンチョク。
今ならもっと良いのが思いつく。
 ・初心者のための仁義なき戦い
 ・はじめての仁義なき戦い
 ・これでわかった仁義なき戦い
 ・今日からはじめる仁義なき戦い
 ・仁義なき戦い入門
 ・仁義なき戦い、始まります!
 ・仁義なき戦いサイト:ささらもさら
 ・牛の糞にもだんだん
 ・JNT48
 ・君は広能昌三を知っているか?
 ・大友勝利か山中正治、選ぶならどっち?
 ・山守義男という生き方、打越信夫という生き方
きりないな。

現在、頭にある野望をいくつか。
 ・仁義なき戦い壁紙を作って公開。著作権とか肖像権で問題アリかな?
 ・セリフのブログ埋め込みタグ。毎日、違うセリフが表示されるスクリプトタグ。
 ・専用の百科事典。登場人物や組織だけでなく地名やヤクザ用語についての完全解説。
 ・キャラクター占い。質問に答えていくと一人のキャラクターに到着(詳細は不明)。
 ・仁義なき時計。いろんなキャラが今、何時何分なのかを表示する。
まぁ、どれも二年後にきちんと考えてみることにしよう。
あっ、もしも気に入ったのがあれば、どなたでもこのアイデア、パクってかまいません。ご自由にどうぞ!

というわけで、作り始めた。
ぼくは 1960年生まれで、仁義ファンの多くは 1950~1970年生まれがほとんどだと思うけど、もしもあなたがもっと若くて、このサイトをきっかけにして、この映画を好きになってくれたら、とても嬉しい。
もしかすると、その時がこのサイトが完成した時かもしれない。

Google 広告