シリーズに登場する数多くの魅力ある登場人物。名前が「さ行」ではじまるキャラクターの一覧、その人物評。

仁義なき戦いビギナーズ

名前が「さ行」ではじまるキャラクター

名前が「さ行」ではじまるキャラクター(登場人物)

右は登場するシリーズ。

西条勝治川谷拓三

仁義死闘|代理|頂上完結
西条勝治

広能組組員。
女が「テレビが欲しい」と言ったので、自分が管理する資材を横流しし、親分である広能にキレられ、ボコボコにされる。 やることなすこと、裏目に出てしまうダメ組員を川谷拓三が熱演(川谷拓三はこの役で初めて自分の名がポスターに出たことを喜ぶ)。
最終的には、自分の情婦だった富江を倉元猛に取られてしまったことを恨み、まさかの裏切り(密告)。

佐伯明夫桜木健一

仁義死闘代理頂上|完結]
佐伯明夫

広能組組員。
お金のために、自分の姉夫婦家族に睡眠薬を飲ませ、こそ泥を働く。
イザとなったら、小便チビる。「柔道一直線」からは考えられない展開。

坂井鉄也松方弘樹

[仁義|死闘代理頂上完結
坂井鉄也

山守組幹部。
呉市内で次第に勢力を拡大していく山守組の最高幹部。若衆頭も務める。
山守に疎まれ、広能から命を狙われる。

島田幸一前田吟

仁義|死闘|代理頂上完結
島田幸一

広能組組員。
スクラップ管理業を営む広能組で、親分の懐を心配して、「肉を買ってくる」代わりに野良犬を捕まえる。 それがバレて「わし、指を詰めますけん」。
オトシマエを付けるために時森を射殺、自首する前に松永にビールを注いでもらう。

新開宇市三上真一郎

[仁義|死闘代理頂上完結
新開宇市

山守組組員。
組の掟を破ってシャブを横流しする有田の親分。 坂井の子分に駅構内で射殺される。

新庄秋子渚まゆみ

[仁義|死闘代理頂上完結
新庄秋子

山方新一の妻で、仏壇には山方の位牌もあるが、育てていた赤ん坊は、坂井鉄也との間に出来た子供らしい。 よくわからない。
一場面だけの登場でも、カゲを持つ女、存在感は抜群。

杉田かおる(松村かおる)野川由美子

仁義死闘代理頂上|完結]
杉田かおる

天政会参与で金融屋、杉田佐吉の娘。
松村保の妻となる。

杉田佐吉鈴木康弘

仁義死闘代理頂上|完結]
杉田佐吉

天政会参与で経済顧問。
天政会をひっかき回すことを目的にした市岡の組員に白昼の商店街で射殺される。
好き好んでヤクザ銀行をやっていたわけではなく、利用されるだけ利用されて、虫ケラみたいに殺された(娘・かおるの弁)。

杉原文雄鈴木康弘

仁義死闘|代理|頂上完結
杉原文雄

村岡組長の舎弟で、打本の兄弟分。
打本や広能と談笑している中「杉原のオヤジさん、こんちは」と声を掛けられて射殺される。 葬儀の際の打本の弱腰姿勢が抗争の火種に。

杉本博夏八木勲

仁義死闘代理|頂上|完結
杉本博

早川組組員。
病気で死にそうな体で喧嘩の応援に来た兄貴分の面倒を見、兄貴の情婦にビンタを食らわす。 ヤッチンの鼻をそぎ落とした上で、射殺する。
実は、松村保の後に会長になったことはあまり知られていない。
(↑そうでなく、四代目会長がモデルとなったのは別キャラという情報も頂きましたが、事実確認できてません。すまそ)