シリーズに登場する魅力あるキャラクター達。「ま行」ではじまるキャラクターの一覧、その人物評。

タイトルロゴ

名前が「ま行」ではじまるキャラクター

名前が「ま行」ではじまるキャラクター(登場人物)

一回り大きな文字は役名。【】内は俳優名。右は登場するシリーズ。

槙原政吉

[仁義|死闘|代理|頂上|完結]

槙原政吉【田中邦衛】

山守組/槙原組組長/天政会理事。
矢野が死んだ後の山守の腰巾着。 「ひょっとこ」となじられ、「イモじゃ」と言われながらも、呉で広能組と張り合う。
完結篇での最後は悲しすぎる。

松井隆治

仁義死闘代理|頂上|完結

松井隆治【宮城幸生】

早川組若衆。
病気療養のため故郷にいたが、抗争が始まったので、いてもたってもたまらず広島へ戻ってきた。
杉本の兄貴分。

松永弘

仁義|死闘|代理|頂上完結

松永弘【成田三樹夫】

村岡組組員。
第二作広島死闘篇では村岡組の若衆頭で登場するも、第三作代理戦争では武田に実質的トップの座を明け渡す。
基本的にスジを通す人物で、仲間と戦うことはできぬと引退する。

松村保

仁義死闘代理頂上|完結]

松村保【北大路欣也】

武田組/天政会理事長/天政会三代目会長。
第五作完結篇の主人公。武田の子分。
広能や武田とは違う新しい世代のリーダーとして描かれる。モデルに気を使いすぎている(管理人の感想)。

三枝子

仁義死闘代理|頂上|完結

三枝子【渚まゆみ】

早川組若衆、杉本の松井の情婦(間違ってた、ごめん)。
以前つきあっていた福田泰樹(ヤッチン)に出会い、チョメチョメ。そこで得た打本会の情報を杉本博に伝えるが、なじられる。
「ヌードスタジオに売り飛ばされた事、まだ忘れとらんのよ」。

宮地輝男

仁義死闘|代理|頂上完結

宮地輝男【山本麟一】

明石組若頭。
組織の力で広島を牛耳ろうとする野望を持つ。
周囲への気配りも垣間見える。

村岡常夫

仁義|死闘|代理|頂上完結

村岡常夫【名和宏】

村岡組組長。
第二作広島死闘篇ではヒットマン山中正治を思いのままにあやつる、腹黒さの目立つ、広島の大親分。
第三作代理戦争では、病院でのベッド姿の写真のみの登場。 村岡が打本に跡目を譲っていれば、抗争は起きなかったはず。